浜崎祥艶では、個人様や起業される方からのご相談のみならず、企業や店舗といった法人の経営に関するご相談や法人向け顧問霊能者のご依頼も承っております。

ここでは法人の経営者に向けた、運気改善のコツについてご紹介します。

個人のお客様と同じく、毎日のお参りも重要です

企業や店舗によっては、神棚なんて…と設置されない法人もあります。

しかし、ぜひ神棚は設置していただければと思います。

 

会社のトップの方の部屋があればそこに、支店がいくつもあれば、支店ごとに設置しお祀りをしましょう。

配置については以下を参照にされてください。

また、神事では、形を重んじます。毎月1日、15日にお祀りをしましょう。

【お祀りの手順】

一、二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)

二、祓詞奏上

※本来は「大祓詞奏上」ですが、お忙しいときは「祓詞」に省略して構いません。

三、龍神祝詞奏上

四、祈願

※ご自身の祈願と、1日の安全と感謝をご祈願ください

五、二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)

土地・方角、水の流れをないがしろにしない

土地や方角は経営において非常に大切な要素です。

何をやってもうまくいく土地は人を呼び、財を成します。

不思議とよい気の流れがあり、すがすがしささえ感じます。

 

逆にうまくいかない土地を選ぶと、悪循環に陥ることもあります。

 

加えて「水の流れ」も重要です。

井戸を大切にする会社や家は栄えます。

排水を大切にすると、気や悪い想念がうまく流れ、停滞しません。

鬼門を避け、土地が鎮まっている場所に難はきません。

 

「土地の障り」というものは、一般の方が考えるより影響が大きいのです。

皆さんも、「車通りは多いけれど、入っている店舗がころころ変わる」という場所を

ご存知ではないでしょうか。

新規出店や移転などで、この土地でいいのか、別の場所はないのか…。

決断に困られた際にはぜひご相談ください。

「人事を尽くして天命を聴く」を知る

私は、「人事を尽くして天命を待つ」ということではなく「天命を聴く」ことが大切だと考えています。

聴くというのはつまり、任せるという意味。

人としてやるだけのことをやって、あとは天に任せる……。「今」に集中することです。

 

日頃神様を祀られている方は、日々手を合わせているため、腹が据わり落ち着いています。

またお祀りをされていることで、神様の不思議な事柄にも出会い、人と縁におのずと感謝の気持ちが生まれています。

神様に任せるという腹ができているのがビジネス発展の基礎です。

数霊、画数を知る

言葉にも波動があるように、文字の画数にも魂があります。

俗にいう「ラッキナンバー」もそのひとつ。

一般的な画数の本も、部首の数え方に微妙な違いがあれども、画数と運との関係に大差はあまりありません。

そういった画数に込められた意味を知ることも大切です。

ご依頼ご相談、ご予約はこちら

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。
=========
濱崎祥艶(はまさきしょうえん)

・スピリチュアルカウンセリング
・霊視、霊能力、占い

熊本でスピリチュアルカウンセリング、霊視による占いをしている霊能者の濱崎です。
霊能運を左右する家、土地、人、会社、結婚、お見合い、受験などの霊視をしております。
対面カウンセリングをお勧めしていおりますが遠方の方は電話、メールでのカウンセリングを行っております。
授かった霊能力で、一人でも多くの方が幸せになられる導きができればと存じます。
=========